CR-01

きました〜〜〜〜〜!!!
CR−01シャーシキット。

なんで2セット??
そうです、ラジ仲間のゴロ師匠と予約して買ったのです。
しかし、箱デカ!!
しかも、タミヤから業者に送られてくる箱詰めそのままくるとは・・・

さぁ〜!!組むぞ〜!!
って思ったんですが、今回のシャーシは黒の樹脂部分をメッキ仕様にしようと・・・
とりあえず、こすって銀SANでやってみました。
しかし、全部のパーツをやっていったので、かなり時間かかってしまい。
しまいにはゴロ師匠に、もうええから、はよ組んだら?
って言われて、面倒くさくなってきたのも手伝って、
自分に優しいB型の私は素直にしたがい、諦めました(笑)

このシャーシは、結構問題多いって聞きいてました。
私のとこに来たシャーシキットで、私が躓いた点を何個か載せます。
先ずは、デフ。
仮組みして、くるくる回してみると、何故か引っかかる。
一週回る頃に引っかかる・・・
開けてみてみると、石のような、バリのようなものが挟まってる。
結構硬くて取れにくかったです。
しかも、二個とも。
コレを取ったらスムースに動き、デフに関する問題問題は消えました。
デフロックは、説明書道理せずに、ベベルギアを無理やり四個詰め込んで
ロックさせました。

人それぞれ楽しみ方は色々あると思うので、詳しくは載せませんが、
上の写真。
そうです、スタビ入れるの忘れてます(>_<)
同じ作業が多いシャーシですが、舐めてかかって、感で組むとこうなります。
ほとんどが、ボルト・ナットなので、後戻りするのは結構大変です。
じっくり説明書読んで、組むことをお勧めします。
しかも説明書も、専門知識がある人が、なるほどって思うような図の描き方です。
世界のタミヤさんにしては、珍しく難しい説明書ですね。

いざっ!!エンジン搭載!!!
今回は、35Tモーターにピニオン16T付けました。
ノーマルよりはかなりスピード抑えられますが、びっくりするほど燃費いいです。
約3時間、ビデオ撮りながら走らせましたが、電池2400一本でいけました。

とあるお方が、用意してくれた、バイオハザードモデルのアルミホイルです。
しかし、このロックネジ・・・。ホイル一本片面だけで、12本・・・・・・
ってことは、12×2×4=きゅっ94ほ〜ん!!
ドリルの先につける六角レンチ買いました(笑)
とあるお方に了解取れたら、出品リスト載せます。

         一応アライメント取ります。
トー角は直せますが、キャンパーは狂ってても直しようないですが。

サーボは双葉のS9152です。
以前、ぴーまん工房さんっちから、私の所へ回ってきて、いただいた
トルク20キロもあるデジタルサーボ。
何もかも私の持ってるパーツと規格が違ったけど、無理やり積みました。

とりあえずこんな感じです。
画像あんまりなくてすんません(^^ゞ

近いうちトップページに動画載せますが・・・
これってどうよ〜〜〜でしょ?
なんでスペア二本付いてるのかわかりました(笑)

今日は朝のはよから、ゴロ師匠と遊んできました。

koさんの出品リストです。
クローリングマシンや足回り、アルミホイルなど、見るだけでも飽きません。

欲しい欲しいと思ってたオプションNO1のアルミサイドプレート。
ネットで画像見てるうちは、いいなぁ〜欲しいなぁ〜でもまだええかなぁ〜
組みなおすの面倒やしなぁ〜とか思って誤魔化してましたが、
先日ユニチカのラジ天で見つけてしまった。
手に持ったらあかんね〜
いったんもどしたんやけど、やっぱ買ってしまった・・・。

さっそく装着!!
スぺーサー入れてるのわかるでしょうか?私は、ダンパーピストンを使いました。
ちょっとプレートから離さないと、動いたときに干渉します。
アルミ製なんで、逃げてくれません。

チラッと見えてる、プロペラシャフトわかります?
次のページで、作り方載せてます。
そんなに、ええもんじゃないですけど、見るだけタダですから(笑)