今回のボディーメイクは、中古で買ったスペアボディや、保護フィルムに
傷があるときなどに、チョット面倒やけど、私がやってる塗装の仕方を
紹介かねて、載せます。
そんな、大そうなもんじゃないです・・・ハイ

保護フィルムを全部剥がして、タイヤハウスでカット。
透明なんで、シャーシとのフォルムもわかりやすい。
ボディーポストの穴も開けて、洗います。

そして、432Zでおなじみの
メッキバンパー。
実車のドアのぶつけどめ・・・
メッキの部分だけ切り落として
シューグーで貼り付けます。
ほんとは、洗濯バサミなどが
ええんですが、とどかないので
マスキングテープで乾くまで。

乾いたら、付属のステッカーをすべて貼ります。
窓枠なども貼ってしまえば、裏からの
マスキングもめどが付きやすい。

裏からベターっとマスキングテープを貼り
窓枠シールに合わせてカッターナイフで
余計な部分を切り落とす。
これも透明なんでわかりやすい

今回は、Mシャーシボディーのため
ダンパーステーが当たって腰高になるので
フロントダンパーステーをフロントボディポストに
するために、くり抜いてます。
チョット無茶・・・。

フェンダーとボディーポスト穴、
アンテナ穴などを、表からふざぎます。

今回の主役君は、家の塗装屋さんなどが
よく使ってる、外壁塗装用のマスキングシート。
ホームセンターなどに売っていて
シール付きで、結構広げると大きい。
使う時はコンパクトで、後で広げられる。

ぐる〜っと一周巻いて、広げてマスキングテープで止めるとこんな感じ。
これで、塗装すると表面には塗装が入らず、保護フィルムと同じように塗装できる。

そして、塗装したのがこの画像。
スプレーがもれてないかどうかは、マスキングの丁寧さが出てくる。
緊張の一瞬!!
私・・・めくる瞬間大好き

この赤はブライトレッドで、裏打ち黒吹いてます。
裏打ち黒入れると、塗装に重みがでるような・・・でないような・・・。

っで、ホイル・・・
川田のホイル使って、な〜んちゃってレーシングスパルコ。
このホイル好きなんですよね〜
ワゴンR(実車)にも履かせてたっけ〜
レビンの年代とええ感じで、古い車を再現できるのか。

こんな感じで今日は終了〜。
後は、フロントガラスの上に ち〜むいのすぃすぃのステッカー貼ったら完成。

TE27
2006年11月吉日制作開始